/

スバル「レヴォーグ」がカー・オブ・ザ・イヤー

先進安全システム「アイサイト」や走り心地などが評価された

自動車評論家などで構成する日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会は7日、最優秀賞にあたる「2020-2021日本カー・オブ・ザ・イヤー」にSUBARU(スバル)の「レヴォーグ」を選んだ。独自の運転支援システム「アイサイト」の進化による安全性などが評価につながった。

高速道路の渋滞時にハンドルから手を離して運転できる機能は同社として初めて採用した。スバル車が受賞するのは4年ぶり。スバルは18年には完成検査の相次ぐ不正問題を受けて選考を辞退していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン