/

この記事は会員限定です

重工大手、中期計画見直しも残る甘さ 航空低迷で逆風

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

重工各社が新型コロナウイルスで打撃を受けた航空関連事業を補い会社を支える成長の柱を模索している。航空に偏っていた人材や資金を成長領域の環境・エネルギー分野に振り向ける点は各社とも共通。一方で事業売却など大胆な構造改革は見られなかったほか、長期的な連結営業利益率目標で7~8%を掲げるなど楽観的な内容も目立った。このほど出そろった各社の中長期経営計画から勝算を探る。

川重、組織再編で先行

「機動的に動かないと、成長や利益...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1983文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン