/

この記事は会員限定です

ペイペイ、全加盟店260万店の情報流出か 不正アクセス

[有料会員限定]

ソフトバンクグループ傘下のスマートフォン決済PayPay(ペイペイ、東京・港)は7日、全加盟店約260万店の銀行口座を含む情報が流出した可能性があると発表した。加盟店データベースの設定に不備があり、第三者から不正なアクセスがあった。流出情報にはペイペイの利用者やクレジットカードは含まれていないという。

不正アクセスを確認したのは、加盟店の住所や連絡先のほか、代表者の氏名、生年月日、金融機関の口座情報などを記録した営業...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り574文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン