/

メガハウス、子羊の部位が学べる立体パズル

バンダイ子会社のメガハウス(東京・台東)は遊びながら子羊の部位を学べる立体パズル「一頭買い!!ジンギスカンパズル」を発売した。ジンギスカンで定番のラムロースや羊毛などのパーツを実物の羊と同じ位置にはめ込んで完成させる。子供から食育に興味がある大人まで幅広い層に売り込む。

メガハウスが発売した立体パズル「一頭買い!!ジンギスカンパズル」

羊のパーツは37個用意し、食べられる部分のパーツには該当する部位の名前を書いた。付属のハサミで毛刈りの雰囲気を味わえるほか、ジンギスカン鍋のイラストも用意し、パーツを並べて食事の気分も楽しめる。完成したパズルの長さは8センチメートル、高さは6・5センチメートル。価格は税別1580円で、玩具専門店などで販売する。

「KAITAI PUZZLE(解体パズル)」シリーズの新商品で、過去にはフグや豚などの部位が学べるパズルを販売している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン