/

この記事は会員限定です

ワクチン職場接種、重み増す産業医 国内3万人有効活用

伊藤忠など必要数確保、中小は合同実施探る

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

新型コロナワクチンの接種の担い手として産業医の活用が広がっている。全国で約3万人いる産業医を投入して、企業は従業員だけでなく家族にも接種対象を広げようとしている。専属の産業医がいない企業もあり、家族も含めたワクチン接種の広がりでばらつきが出かねない。

7500人を対象に21日から接種を始める予定の伊藤忠商事。東京と大阪の本社内に会場を設置し、産業医と看護師も「対応できるだけの人員数はすでにある」。社員700...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1083文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン