/

この記事は会員限定です

芙蓉総合リース、本社の電力再エネ由来に 4月から導入

住友不の賃貸ビルで、非化石証書を取得

[有料会員限定]

芙蓉総合リースは4月、東京都内の本社フロアの電力を再生可能エネルギー由来に切り替える。自社運営の太陽光発電所を生かし、化石燃料由来でないことを証明する「非化石証書」を付けた電力を購入する。

同社は住友不動産が管理する住友不動産麹町ガーデンタワー(東京・千代田)に本社機能を置く。今回は入居する16~22階の全ての電力を再エネ由来に切り替える。これまで再エネ由来への変更は自社ビルや1棟ごとが多く、ビルに入る入居企業が個別に導...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り273文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン