/

この記事は会員限定です

東芝、株主との対立打開へ 英ファンドが2兆円買収提案

[有料会員限定]

東芝は7日、英投資ファンドのCVCキャピタル・パートナーズなどから2兆円超の買収提案を受け、取締役会で検討に入った。2017年の経営危機を救ったアクティビスト(物言う株主)との対立が深まり、3月の臨時株主総会では株主提案が可決された。定時総会での再任が危うくなりつつあった一部の経営陣は、非公開化提案をアクティビストと決別して成長戦略を打ち出す好機と捉えている。

7日午前に東芝が都内本社で開いた取締役会...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1371文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン