/

試合データ、スマホに表示 楽天モバイルが5Gで開発へ

(更新)

楽天モバイルは次世代通信規格「5G」を活用し、サッカー観戦をしながら楽しめるスマートフォン向けサービスの開発を進める。このほどサッカーJ1・ヴィッセル神戸の試合で、スマホをピッチにかざすと試合データを表示する機能や来場者同士で遊べるゲームなどを実証した。5Gの活用で、試合観戦の楽しみ方を広げていく。

11月にノエビアスタジアム神戸(神戸市)で開催した2試合で実証実験を実施した。開発中のサービスでは、専用アプリを搭載したスマホをピッチにかざして操作すると、AR(拡張現実)で選手の基本情報やシュート数、オフサイドラインの位置などのデータを画面に表示する。

ハーフタイム時の利用を想定し、来場者同士で遊べるスマホゲームも開発している。楽天の公式キャラクター「お買いものパンダ」を操作してゴールを競い合う。他にもスタジアムに設置された複数のカメラによる多視点映像の視聴サービスを実験した。

楽天モバイルは今後もノエビアスタジアム神戸でサービスの実験を進める。サッカー以外のイベントやコンサートなどでもサービスを活用する計画だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン