/

サンテックパワー、山口・宇部市に太陽光発電所

運転を始めた宇部太陽光発電所Ⅱ(山口県宇部市)

サンテックパワージャパン(東京・新宿)は7日、宇部太陽光発電所Ⅱ(山口県宇部市)の稼働を始めたと発表した。発電出力は486キロワット。サンテックパワージャパンは中国太陽光パネルメーカーの大手無錫サンテックパワーの日本法人。子会社のサンテックエナジーディベロップメント(東京・新宿)が開発を手掛けた。

宇部太陽光発電所Ⅱは耕作放棄地を活用し、太陽光パネルを1296枚設置した。発電出力は486キロワット。一般家庭約110世帯分の年間消費電力量に相当する発電が可能だ。発電した電気は固定価格買い取り制度(FIT)を利用して、中国電力にキロワット時あたり14円で販売する。20年間の売電で約4300トンの二酸化炭素(CO2)の削減効果があるという。

国内で開発した太陽光発電所は15カ所目。今回の稼働で発電出力の規模は計約3万3000キロワットになった。運用・保守はサンテックパワージャパンが担う。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン