/

被災地の津波補助金、なぜ活用進まない?

2021年3月8日の日本経済新聞朝刊1面に「雇用復興、余る補助金」という記事がありました。東日本大震災の被災地で雇用を創出する国の補助金が十分に活用されていません。なぜ被災企業の間で補助金の利用が進まないのでしょうか。

ここが気になる

東日本大震災の復興事業の中で、国は被災地の雇用創出をめざして多額の補助金を投じてきました。代表格は「津波・原子力災害被災地域雇用創出企業立地補助金」で2013年度に設置された基金で運用しています。岩手、宮城、福島など5県で工場や物流・商業施設を新増設する企業に費用を補助しており、新設する工場などの規模に応じて、受給要件となる正規雇用数が定められる仕組みです。日本経済新聞が補助金効果を探るため、基金の公開データを集計したところ、国が13〜15年度に投じた累計2090億円のうち、19年度までに使ったのは5割弱にとどまっていることがわかりました。

復興の後押しとなるはずの補助金の利用が進まない要因は主に3つあります。1つ目は設備完成後に補助金が出る仕組みです。雇用計画が未達であれば補助金は出ないため、雇用計画を少なく見積もると補助金は減り、企業はなかなか投資に踏み切れません。2つ目の要因は柔軟に計画を変えられないことです。3つ目は被災地で人口減と復興需要増が重なり有効求人倍率が上昇したため、雇用を確保できない企業が多いためです。

こうした要因から申請件数は減少傾向が続き、採択件数も伸び悩んでいます。産業振興に詳しい専門家は「雇用計画を達成できなくても補助金の減額にとどめるなど、柔軟な運用が必要だ」と指摘します。東日本大震災からまもなく10年。被災地の今後の復興に向けて、補助金の効果と課題を検証していくことが必要になりそうです。

若手編集者が同世代にむけて新聞の読みどころを発信する「朝刊1面を読もう/Morning Briefing」は平日朝に公開します。週末は1週間のニュースを振り返る動画を配信しています。
この記事をまとめた人:篠原英樹
2008年入社。小売業やサービス、放送業界などの取材を経て、現在は日経電子版のコンテンツマーケティングを担当。2012年に約4カ月ほど仙台市と福島県いわき市で震災取材を経験しました。あの時から被災地がどのように復興したのか。新型コロナウイルスの感染が落ち着いたら被災地を訪れてみたいと思います。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

朝刊1面を読もう

日本経済新聞が最も大切にしている「朝刊1面」のニュースを分かりやすく、アレンジしてお届けします。

なぜこのニュースが大切なのか、インパクトはどこまで及ぶのか。
学生、若手社会人向けにニュースの背景を読み解くポイントをお伝えします。


動画で解説 日経電子版活用法

経営コンサルタントの小宮一慶氏が電子版活用法を動画で解説。より深くニュースを読み解くヒントが満載です。
>>日経電子版 活用動画

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン