/

この記事は会員限定です

米マイクロン、アジアから挽回

最先端NAND型メモリー量産 シンガポール政府の支援テコに

[有料会員限定]

米半導体大手マイクロン・テクノロジーが出遅れていたNAND型フラッシュメモリー事業でアジアから挽回に動く。シンガポールの工場から記憶素子を176層積み重ねた最先端品を世界で初めて量産出荷した。手厚い政府支援など地の利を生かし、激化する投資競争のなかで生き残りを目指す。

「DRAMとNANDの両方で技術のリーダーシップを獲得した」――。1月、マイクロンのサンジェイ・メロートラ最高経営責任者(CEO)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1745文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン