/

アガサ、治験DXへ日本医師会のシステムと連携

医療スタートアップのアガサ(東京・中央)は医薬品の臨床試験(治験)に関連する文書をクラウドで管理するシステムについて、日本医師会のシステムと連携を始めた。医療機関と製薬会社との情報のやりとりを効率化する。新型コロナウイルス禍で企業の担当者などが病院を訪れにくい状況が続いており、デジタル化で治験を円滑にする。

アガサの鎌倉千恵美社長

アガサは治験に関する文書をクラウドで管理するシステムを大学病院など300の医療機関に提供している。治験前には審査や治験方法の調整など文書を数十回やりとりすることもある。病院と製薬会社とをクラウドでつなぎ、これまで紙の書類でやりとりしていた工程の手間を減らす。

このほど日本医師会が提供するクラウド文書管理システムと連携できるようにした。同システムは中小を中心に全国約2000の医療機関が使用している。アガサのシステムは大学病院などで使われていることから「連携で製薬会社などの利便性を大幅に向上できる」(アガサの鎌倉千恵美社長)とみている。コロナ禍で同社のシステムは導入施設数が大幅に増えており、医師会との連携でさらに利便性を高める。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン