/

この記事は会員限定です

東洋合成、「EUV」感光材で先端走る 2年で株価14倍

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

半導体の回路形成に欠かせない「感光材」で世界シェア首位の東洋合成工業の株価が急速に上昇している。2019年初めに800円台だった株価は20年に1万円を超え高値圏で推移する。株価が10倍以上となる「テンバガー」銘柄として投資家が熱視線を送るのは、最先端の半導体の微細化技術「EUV(極端紫外線)」に対応した感光材だ。売上高約250億円の中堅企業が圧倒的な競争力を持つ裏には品質への徹底したこだわりがある。

利根川の河...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4046文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン