/

この記事は会員限定です

電通が6000人弱削減 海外事業の12.5%

(更新) [有料会員限定]

電通グループは7日、2021年末までに海外事業に携わる社員6千人弱を削減すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大による経済停滞で企業が広告費を縮小し、各地域での広告事業が低迷したため。海外事業の従業員数は19年12月末時点で約4万7千人おり、約12.5%に相当する。

同日、20年12月期の連結最終損益(国際会計基準)が、237億円の赤字(前期は808億円の赤字)になりそうだと発表した。従来は未定としていた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り348文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン