/

この記事は会員限定です

250億円調達のスパイバー代表「知財生かし、量産投資」

「無形資産」証券化の新手法を活用

[有料会員限定]

人工たんぱく質開発のスパイバー(山形県鶴岡市)は2020年12月、250億円の資金を調達したと発表した。同社の有形資産と無形資産を裏付けとして事業価値を評価する証券化という新たな資金調達手段を用いた。調達額は未上場のスタートアップとしては異例の規模だ。今回の手法を用いた理由や今後の事業の見通しについて、関山和秀代表に聞いた。

――スパイバーは18年12月期の最終赤字が25億円、19年12月期には5...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2284文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン