/

この記事は会員限定です

選手村、1日1万~2万件のコロナ集中検査必要

東京五輪半年前、感染対策㊤

[有料会員限定]

2021年夏に開催される東京五輪・パラリンピックの最重要課題が、新型コロナウイルスの感染対策だ。政府は選手村では選手やコーチ、運営スタッフなどに検査を数日おきに実施し、感染のまん延を防ぐことを検討している。この場合、1日当たり1万~2万件の検査が必要になる見通しだ。

全国で1日に実施されている検査は足元で最大8万件ほどで、その数割に当たる規模を選手村で集中的に実施することになる。検査方法はPCRが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り993文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン