/

この記事は会員限定です

規制緩和後も残る壁 「やったふり」が停滞招く

規制が阻む(4)

(更新) [有料会員限定]

「もっと投資したいのに」。総合商社に勤める男性は不満を漏らす。一般投資家が未上場の企業にインターネットを通じて投資できる株式型クラウドファンディング。金融庁が2015年に金融商品取引法改正などで解禁した。1900兆円に達する個人資産を日本の成長のカギとなるイノベーションの呼び水として活用する狙いがあった。

実際は緩和後も壁が残った。銘柄ごとに50万円までという年間投資上限額だ。金融庁は「出資先企業...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1038文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン