/

この記事は会員限定です

自ら学ぶロボ、新興が相次ぎ開発 中小で導入しやすく

[有料会員限定]

ロボット関連スタートアップの技術が製造や物流現場で作業するロボットの導入を後押ししている。新たな制御システムの開発により、ロボットが自分で動き方を判断しより賢くなり、導入コストを半減できる例も出てきた。多額の設備投資をためらう中小企業でも導入しやすい環境が生まれ、人手不足の現場の効率化にもつながりそうだ。

キョウトロボティクス(滋賀県草津市)は1月、物流現場でロボットが様々な形の段ボールを自動で積...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1225文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン