/

この記事は会員限定です

日本製鉄、世界最大の電炉に挑戦 脱炭素の切り札

(更新) [有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

日本製鉄が鉄スクラップを原料とする世界最大の電炉の実用化に乗り出す。2030年までに国内に大型電炉をつくる計画だ。主流の高炉法に比べ電炉は生産時の二酸化炭素(CO2)排出量が4分の1と少ない。50年に温暖化ガス排出で実質ゼロを掲げる日鉄にとって大型電炉は脱炭素戦略の切り札となる。だが未知の領域に挑む構想はまだ超えるべき課題も多い。まずは電炉先進国の米国などにつくる設備で技術の蓄積を急ぐ。

「30年時点で大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1488文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の春割実施中!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の春割実施中!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン