/

アシックス リサイクル素材の新作スニーカー

アシックスジャパン(東京・江東)はリサイクル素材を使用した新作スニーカーを発売した。ペットボトルから抽出した素材を中敷きなどに使った。新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに日常生活を見直す消費者が増える中、サステナビリティー(持続可能性)に配慮した商品でアピールを強める。

新作シューズ「GEL-PTG(ゲルピーティージー)」を発売した。1983年に発売したバスケットボールシューズをもとにデザインした。アッパー(甲)と中敷きにペットボトルから抽出したポリエステルを使用。かかと部分には独自開発のスポンジ材「フューズゲル」を搭載し、履き心地にもこだわった。

シューズの希望小売価格は税別1万3000円。アシックス東京有明ガーデン(東京・江東)やアシックス大阪リンクス梅田(大阪市)など一部の店舗のほか、オンラインストアで取り扱う。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン