/

この記事は会員限定です

食品日用品トップ21年の戦略を語る キリン・ライオン

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

新型コロナウイルスの感染拡大で、食品日用品では需要が減った商品もあれば、逆に需要が伸びた商品もあった。新型コロナの終息が見通せない中で、どのように成長を目指すのか。キリンホールディングス(HD)は健康需要を軸に、ライオンは消費者ニーズを掘り起こす。21年の戦略について両社のトップに聞いた。

キリンHD磯崎功典社長 健康需要、全社でつかむ

――2020年の振り返りと今後の取り組みについて教えてください。

「(業績は19年を下回る見...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4496文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン