/

LIXIL、希望退職に965人応募 1200人の募集人数下回る

希望退職の応募者数は、1200人の募集人数を下回った

LIXILは5日、希望退職の応募者数が965人だったと発表した。対象者は40歳以上かつ勤続10年以上で、1200人の募集人数を下回った。通常の退職金に特別退職金を加算する。2021年1~3月期で約136億円の費用を計上する。事業拠点の再編や働き方改革が想定を上回って進み、20年3月期と比べ22年3月期に見込む230億円の販管費の削減額は予定通りとみる。

21年1月12~22日まで募集した。退職日は3月25日。今回の応募の結果によって22年3月期以降の人件費の減少は年間で約82億円を見込む。

LIXILはオンラインの活用によって在宅勤務が進展したことで、20~21年度に東京都内の23拠点を東京都江東区の本社1カ所に段階的に集約を進めている。さらに、日本国内の窓や玄関ドアなどの製品の149営業拠点、水回り製品の120営業拠点を半分以下程度に減らせるかどうか検討しており、22年3月期をめどに判断するという。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン