/

この記事は会員限定です

双日、50年までに原料炭含む石炭完全撤退 商社で初

(更新) [有料会員限定]

双日は5日、海外に持つ石油権益を2030年までに全て手放すとともに、製鉄用の原料炭を含む石炭権益から50年までに完全撤退すると発表した。総合商社で原料炭権益から撤退を表明するのは、双日が初となる。自社の発電事業についても、ガス火力発電など二酸化炭素(CO2)を排出する事業については、排出枠取引などを使い50年までに排出を実質ゼロにする。商社の脱炭素の動きが加速してきた。

脱炭素社会実現に向けたグループ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り428文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン