/

この記事は会員限定です

東電社長「廃炉と復興、責任果たす」 原発事故から10年

[有料会員限定]

福島第1原子力発電所事故から3月11日で10年が経過する。東京電力ホールディングス(HD)の小早川智明社長は日本経済新聞のインタビューで「廃炉も復興も道半ばで、10年を区切りとせず責任を果たしていく」と述べた。目標とする原発再稼働は不透明で、資金確保に向けて洋上風力発電などに取り組む方針を示した。

小早川社長は福島県民に負担を強いている現状を謝罪したうえで「復興と廃炉の両立が大きなテーマだ」と話した。福島第1原発の廃炉と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り430文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

東日本大震災10年

インフラ整備や産業・文化の復興、原発、防災、そして地域に生きる人々の10年とこれからをテーマにした記事をお届けします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン