/

JR東日本、終電繰り上げ 3月12日まで継続

JR東日本など首都圏の鉄道事業者は5日、終電時刻の一斉繰り上げを3月12日まで続けると発表した。3月7日までの緊急事態宣言延長への対応となる。国や自治体からの要請を受け、1月20日から終電繰り上げを実施していたが、終了時期を明示していなかった。各社は3月13日にダイヤ改正を予定しており、改正直前まで臨時の繰り上げが続く。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、引き続き深夜の外出自粛を促す。

JR東のほか東急電鉄や西武鉄道、小田急電鉄や東京地下鉄(東京メトロ)なども同様の方針を示した。深夜時間帯の利用者が少ない上、「終電時刻が短期間に複数回変わると、利用者の迷惑になる恐れがある」(小田急)として決めた。

同日、京王電鉄は3月13日からダイヤ改正を行うと発表した。京王線と井の頭線で終電時刻を10~30分程度繰り上げる。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン