/

この記事は会員限定です

音声SNSのClubhouse、拡大続く 招待制巡り詐欺も

[有料会員限定]

1月末から日本でユーザーを増やしている招待制の音声SNS「Clubhouse(クラブハウス)」の成長が止まらない。1日には米テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)がサービス上に登場し、ユーザーが殺到してつながらない事態が生じた。新たな音声メディアとして注目を集めるが、招待枠をめぐる詐欺などトラブルも表面化してきた。

クラブハウスは米サンフランシスコのスタートアップ、アルファ・エクスプロレーションが2020年春に立ち上げたアプリで、「room」と呼ばれるテーマごとの部屋で音声だけの会話を楽しむ。1月24日の時点で世界で200万人のユーザー

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り865文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン