/

この記事は会員限定です

「COCOA」不具合 スマホOS更新、アプリ修正後手に

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染者と濃厚接触した可能性を知らせるアプリ「COCOA(ココア)」で、一部機種で感染者と接触しても通知されていなかったことが発覚した。スマートフォンの基本ソフト(OS)の更新頻度にアプリ修正の精度が追いつけなかったことが主因とみられる。外部任せの運用で対応を誤り、国民ニーズとかけ離れた行政サービスを生んでいる。

「公共部門における第一のデジタル敗戦が給付金だとすると、これが第二のデジタル敗戦」。ココアに不具合があったとのニュースが流れた3日夜、Zホールディングスの川辺健太郎社長はツイッターでつぶやいた。

スマホのアプリなどデジタル技術を使ったサービスを生むには、開発しながら実際に使ってみてバグ(不具合)を洗い出すのを繰り返すのが基本だ。川辺社長は「楽天、ヤフー、LINEなど、ネット企業はそれをやってます」と指摘。「厚生労働相自ら使ってやらないと絶対に良くならないと思います」と開発体制への疑問を投げかけ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り895文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン