/

この記事は会員限定です

生活空間の共有サービス 東南アで活況

[有料会員限定]

利用者が生活空間の一部を共有する「co-living(コリビング)」サービスを提供するシンガポールのスタートアップ、Coveはサービス展開地域を広げる。このほどシンガポールの不動産大手、ケッペル・ランドから460万㌦(約4億7千万円)を調達した。

Coveは2018年に創業。若い社会人や学生をターゲットに、シンガポールとインドネシアのジャカルタで550室を運営してきた。新型コロナウイルスが与えた影...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り489文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

スタートアップGlobe

中国の「36Kr」、シンガポールの「ディールストリートアジア」、米国の「CBインサイツ」という日本経済新聞社と協力する3媒体の情報を集めた新コーナーをつくりました。世界のスタートアップ企業やテクノロジー情報をまとめて読むことができます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン