/

NHKが早期退職募集 50~56歳対象、年齢構成を是正

NHKは4日、50歳から56歳の職員を対象に4月から早期退職を募ると明らかにした。2021~23年度末まで3年間募集する。前田晃伸会長は同日の定例会見で「人件費を減らすために頭数を減らすという発想は全くない」としたうえで、「職員が高年齢化したときに次の時代を支える人が少なくなる。全体の年齢構成を是正するという目的も一部ある」と話した。

NHKは21年度からの中期経営計画の重点項目の一つに人事制度改革を掲げていた。従来は早期退職制度がなかったが、今後は再就職支援なども併せて提供する。

職種別の採用も一本化する。入局して2年間は複数の職種を経験させた後、正式な配属先を決める。これまでは採用時の職種のまま長年働くことが多く、能力を十分に活用できていなかったという。職員の適性や希望に合わせ、業種間の異動をしやすくする。デジタル人材の採用も強化する。「今後は東京採用と地方採用の差をなくす」とし、採用地による給与水準などの違いも是正する。

23年度に引き下げる方針の受信料については「現時点では衛星波の割高感をまず解消するのが先だ」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン