/

三菱重工、ノルウェーの世界最大級施設でCO2回収試験

三菱重工はノルウェーにある世界最大級のCO2回収実証施設を試験に使う

三菱重工業は4日、ノルウェーの世界最大級の二酸化炭素(CO2)回収実験施設で5月にもCO2回収の実証試験をすると発表した。これまでより摩耗が少ないCO2吸収液を活用することで、コストを抑えた運用が実現できるかどうか耐久性などを試す。脱炭素を背景に世界的にCO2回収のニーズが高まっており、効率的な回収方法を実用化する。

三菱重工傘下の三菱重工エンジニアリング(横浜市)が、世界最大級のCO2回収実験施設を運営するノルウェーのモングスタッドCO2回収技術センターと、5月から夏まで実証試験をすることで合意した。同施設では石油精製工場から出るガスからCO2を回収する。実証試験の期間中に約8千トンのCO2を回収する。

三菱重工が関西電力と共同開発した、独自のCO2吸収液の商用化を目指す。吸収液の摩耗のしやすさに当たる揮発性が従来より4~5割改善するため、コストが抑えられるという。今回の実証実験を通じて英国や欧州市場での受注拡大を目指す。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン