/

この記事は会員限定です

客の来ない「薬局」 居座る権益、実情に合わず

規制が阻む(2)

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

安全性や品質の確保などを目的に定められた規制は必要なもの。ただ社会の変化にあわせた見直しや緩和も必要だ。それが進まない背景に、規制が生む利権や既得権益がのぞく。

埼玉県日高市に「客の来ない薬局」がある。看板が掲げられた店内は広く清潔で、薬は陳列棚に整然と並べられている。カウンターには白衣を着た薬剤師も常駐している。だが外部からの一般客はゼロ。

消費者向けインターネット通販「LOHACO(ロハコ)」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り990文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン