/

この記事は会員限定です

ACESが3億2000万円調達 事業領域を拡大

[有料会員限定]

人工知能(AI)開発スタートアップのACES(エーシーズ、東京・文京)は、約3億2000万円を調達した。すでに同社に投資している経営共創基盤(IGPI)とDeep30が第三者割当増資を引き受けた。調達した資金で事業領域を広げる。

エーシーズの田村浩一郎最高経営責任者(CEO)は、AI研究で著名な東京大学大学院工学系研究科の松尾豊研究室博士課程に在籍する。Deep30は松尾豊研究室の関係者で構成され...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り258文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン