/

この記事は会員限定です

住友商事、全執行役員の賞与ゼロに 業績悪化で 

[有料会員限定]

住友商事は4日、2020年4~12月期の決算発表で役員への賞与を減額すると発表した。2021年3月期通期で一過性の損失が2500億円から3000億円に拡大するとの見通しを示した。兵頭誠之社長は「一過性損失が膨らむ見通しとなり、責任を重く受け止めている」と述べた。

執行役員40数人に対し、6月に予定している賞与をゼロとする。最高意思決定機関である経営会議のメンバー9人は4月以降の6カ月間、月額報酬を減額する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り199文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン