/

この記事は会員限定です

住友鉱山、電池材2倍に EV向け需要拡大にらむ   

[有料会員限定]

住友金属鉱山は車載用リチウムイオン電池の部材である「正極材」の生産能力を2027年度までに2倍にする。正極材の主原料のニッケルを鉱石から取り出す製錬所の新設もインドネシアで検討。脱炭素で電気自動車(EV)などの電動車市場は拡大するが、中国勢も正極材で攻勢をかける。鉱山権益を持ち、川上から川下まで需要に応じられる強みで対抗する。

リチウムイオン電池は正極材と負極材の間をイオンが行き来して充放電する仕組み。正極材...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1553文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン