/

この記事は会員限定です

「コロナ対応」「脱炭素」訴え 大手経営者が年頭所感

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍が収束しないなかで迎えた2021年。企業活動への影響は大きく、新常態をにらんだコロナ対応が引き続き求められる。50年の温暖化ガス実質ゼロに向けた取り組みも本格化する。経営トップは年頭所感で変化の必要性や決意を訴えた。

日立製作所の東原敏昭社長兼最高経営責任者(CEO)は「新型コロナで生じたさまざまな変化は新常態として定着していく」と見通す。セブン&アイ・ホールディングスの井阪隆一社長も「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り614文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン