/

コナミ、「遊戯王」アプリを中国で配信

コナミデジタルエンタテインメント(東京・中央)は人気カードゲーム「遊戯王」を題材にしたスマホ向けゲーム「遊戯王 デュエルリンクス」の配信を14日に中国で始める。実際の配信や運営は中国ゲーム大手の網易(ネットイース)が担う。中国向けの新機能などを用意し、現地市場での認知度を高める。

同名のゲームは2016年に配信が始まり、全世界でのダウンロード数が1億回を超える対戦型ゲームアプリ。中国内では、20年12月から試験配信していた。遊び方やデザインを一部変更し、中国市場にあわせたという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン