/

この記事は会員限定です

NTTの総務省接待問題 通信行政に影響はあったのか

ITジャーナリスト 石川 温

[有料会員限定]

週刊文春が、山田真貴子前内閣広報官と谷脇康彦総務審議官がNTTから接待を受けていたと報じた。NTTの澤田純社長は会食していた事実を認めた。

谷脇氏は、菅義偉首相が総務相だったころから携帯電話料金の値下げ政策を仕切ってきており、次期事務次官との呼び声が高かった人物だ。

この報道で注目されるのが、接待された時期とその後通信業界に起こった変化だ。ここ数年、日本の通信業界、特に渦中のNTTは激変したといっ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2213文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン