/

サウディ石油化学社長に萩原氏

サウディ石油化学社長に萩原剛氏

日本とサウジアラビアによる官民合同の石油化学プロジェクトの日本側の出資会社、サウディ石油化学(東京・千代田)は30日付で三菱商事の萩原剛常務執行役員(61)が社長に就任する人事を内定した。中山真一社長(63)は相談役に退く。サウディ石化は国際協力機構(JICA)と三菱グループを中心とした33の民間企業が出資。民間側の筆頭株主である三菱商事出身者が歴代の社長に就いている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン