/

この記事は会員限定です

日医工、後発薬「拡大路線」のひずみ 

不正管理で業務停止命令

[有料会員限定]

ジェネリック医薬品(後発薬)最大手の日医工が不適切な品質管理を繰り返したとして業務停止命令を受けた。2月には同業の小林化工(福井県あわら市)が業務停止命令を受けたばかりだ。相次ぐ不祥事は、薬価引き下げや薄利多売の構造的課題を抱えながら拡大路線に走ってきた業界のひずみを浮き彫りにしている。

「後発薬に対する不信感を招き、患者や関係者に不安を抱かせてしまい申し訳ない」。日医工の田村友一社長は3日のオンライン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1007文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン