/

サントリービール、「プレモル」家庭向けサーバー発売

「ザ・プレミアム・モルツ」の家庭向けサーバーを発売する

サントリービールは4日、「ザ・プレミアム・モルツ」を家庭で楽しむため、缶ビールの側面を振動させて泡立ちをよくする「神泡サーバー」を、4月から同社の電子商取引(EC)サイトなどで発売すると発表した。従来は期間限定の景品などとして提供していた。飲食店で飲む泡立ちの良いビールを家庭でも再現できるようにして「巣ごもり消費」の需要を取り込む。価格は980円。

プレモルの缶ビールの2020年の家庭向け販売実績は、19年比で5%減の578万ケース(1ケースは633ミリリットル20本換算)だった。新型コロナウイルスの影響で年末年始や父の日など、特別な日に飲む需要が減ったことが影響した。

西田英一郎社長は同日開いたマーケティング方針説明会の記者会見で「コロナ禍で外食機会が減少したり、節約意識が高まったりするなか、自宅で豊かな時間を過ごしたいという消費者にプレモルが飲まれる機会を増やしたい」と話した。

21年は「ちょっと高級なビールにしようか」をテーマに設定。特別な日に手に取ってもらうビールというこれまでのイメージから、週末や祝日なども含めて年間を通じて購入してもらえるよう販促の方針を見直す。21年の販売は20年比1%増の585万ケースを目指す。

家庭向けサーバーは24本のケースに景品として期間限定でつけるなどして提供していたが、4月から同社のECサイト「イエノバ」、同社の直営店「神泡バー」などで売り出す。

サントリービールは「ザ・プレミアム・モルツ」のマーケティング説明会を開いた(写真1番左から西田英一郎社長、CMに出演する小栗旬さん、柴咲コウさん、和田龍夫執行役員、東京・渋谷)

ブランドのCMキャラクターも矢沢永吉さんから、小栗旬さんと柴咲コウさんに交代する。矢沢さんは05年から20年まで出演していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン