/

この記事は会員限定です

供給網「見える化」、日東電工やTDKなど大手動く

在庫などエクセル使わず管理

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

製造業の間で部品などの供給網(サプライチェーン)の「見える化」が広がっている。日東電工やTDKは表計算ソフトのエクセルを使わずに、在庫などを管理できる米スタートアップのシステムを採用。世界では電子部品や自動車の供給網が複雑になり、災害時などに迅速に復旧するためのデジタル技術の活用が欠かせない。

日東電工はエクセルで材料や在庫の情報を集約する管理体制を見直し、米アナプランのシステムを導入した。アナプランのシ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1457文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン