/

エイベックス、YouTubeでアーティストのグッズ販売

エイベックスは4日、アーティストの公式ページでグッズを販売できるサービスを始めると発表した。動画投稿サイト「ユーチューブ」と音楽ストリーミングサービス「スポティファイ」で販売できるようになる。オンライン上での公式グッズの販路拡大を支援する。

エイベックス・デジタル(東京・港)は「MD-SASS」を提供する。アーティストのグッズ販売サービスを手掛ける米MERCHBAR(マーチバー)のシステムを使い、公式グッズの掲載と販売、物流を担う。海外にも商品を発送できるようになる。

アーティストにとって、オンライン上での顧客接点の重要性は高まっている。商品の販路を拡大すると同時に、露出を増やし、ファンの定着を図る。

エイベックスに所属する浜崎あゆみさんなどのグッズに対応している。今後は、エイベックス以外に所属するアーティストへも訴求する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン