/

この記事は会員限定です

中国BYD車載電池、世界で再利用 伊藤忠など工場向け

[有料会員限定]

中国電気自動車(EV)大手、比亜迪(BYD)の使用済み電池の再利用が世界に広がる。BYDが回収した電池を伊藤忠などが調達して大型の蓄電池に仕立て直し、2021年度にも欧米やアジアの工場などに販売する。世界のEV販売の5割を占める中国では今後、使用済み電池の排出量が急増する見込み。再利用の市場でも中国製の存在感が高まりそうだ。

まずBYDが中国各地の自動車販売店などから、BYDのバスやタクシーなどに搭載さ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1505文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン