/

この記事は会員限定です

オートロックのマンション内、自動ロボで配達 日本郵便

2023年度にも 配達時間最大3割減

[有料会員限定]

日本郵便は2023年度にも、オートロックのマンション内で自動走行ロボットを使った配達を始める。従来は同じマンション内に複数の届け先があっても1軒ごとに立ち入りの許可を得る手間がかかった。ロボット導入で最大3割の配達時間の削減を見込む。

導入するのは約54㌢㍍高さ約77㌢㍍のロボットで、重さ10㌔㌘までの荷物を搭載できる。マンション1階に配置し、配達員がスマートフォンで起動させると

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り711文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン