/

富士フイルム、15分でコロナ判定 抗原検査キット発売

15分で新型コロナウイルス感染の有無を検査できる

富士フイルムは3日、新型コロナウイルスの感染を判定する抗原検査キットを9日に発売すると発表した。写真の現像で培った技術を応用して感度を上げ、鼻の奥の粘膜だけでなく、鼻の入り口の粘膜でも検査できる。医療従事者の管理下であれば被検者自身で検体を採取でき、感染リスクを抑えられる。検査装置にセットして15分で感染の有無を判定する。

検査装置はすでに小児科や内科を中心に国内で2万5000台以上導入されている。採取した検体はインフルエンザウイルスの検査にも使える。検査キットは10回分で税別6万円。富士フイルムは検査装置が不要の検査キットも開発して承認を受けており、発売の準備を進めている。

新型コロナ検査ではPCRが一般的だが、特別な装置を使い、検体の輸送などに時間がかかる。抗原検査は感度が比較的低いが、迅速で簡単に検査できるため、今後利用が広がるとみられている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン