/

営業支援のBuff、DeNAとサイバー系から6100万円調達

営業支援を手掛けるBuff(バフ、東京・渋谷)はDeNAのベンチャーキャピタル(VC)などから第三者割当増資で6100万円を調達した。法人向けに営業組織のコンサルティング業務と営業支援ソフトウエアの開発を手掛ける。調達した資金でコンサルティング業務の人材やエンジニアなどを採用し、ソフトの機能も充実させる。

増資はDeNAが運営するVCのデライト・ベンチャーズ(東京・渋谷)と、サイバーエージェント・キャピタル(CAC、同)が引き受けた。CACから出資を受けるのは2019年以来2度目となる。

Buffは18年創業のスタートアップで、法人の営業組織向けに売り上げ改善などのコンサルティング業務を手掛ける。これまでにクラウドソーシング大手のクラウドワークスなど約20社にサービスを提供してきた。

2月からは新たに、営業支援ソフトウエアの提供を本格的に始めた。サービス名は「SALESCORE(セールスコア)」。米セールスフォース・ドットコムなどが提供する顧客情報管理のソフトと連携し、営業記録を分析できる。自社が設定する売り上げ目標などの数値に従い、営業職員が進捗状況を確認する。失注した理由などもグラフ化して表示する。

セールスコアはアルバイト仲介のタイミー(東京・豊島)などのスタートアップのほか、テント大手の太陽工業(大阪市)など100人を超える営業組織を持つ会社にも提供しているという。4月以降に営業記録を入力できる機能などを実装し、12月末までに50社への提供を目指す。

Buffの中内崇人代表はDeNAでゲーム開発などに携わった経験をもつ。中内代表は「営業支援は以前からあるニーズ。セールスフォースなどのソフトの導入が進み営業の記録をとる市場は成熟してきたが、今後はデータをもとに計画と実行を進めるツールが成長する」と話す。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン