/

富士ソフト、セキュリティー対策の組織構築を支援

システム開発を手がける富士ソフトは2日、企業向けにセキュリティー対策の組織構築や運用を支援するサービスを開始すると発表した。サイバー攻撃を受けたことを早期に発見して被害を未然に防止するための組織「CSIRT(シーサート)」の設置から運用までを支援する。

必要に応じてネットワーク環境や導入済みのセキュリティー製品などを調査し、その企業に最適なシーサートの構築計画を立案する。シーサートの運用で必要になるマニュアルなどの文書類を策定する。最短3カ月でシーサートの立ち上げが可能になるという。

シーサートの設置後は、万一セキュリティー問題が発生した際の対応支援や組織改善策の提案、セキュリティー人材の教育などを手がける。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン