/

この記事は会員限定です

3Dキャラクターが物件案内 タスキ、内覧用に開発

[有料会員限定]

投資用不動産開発のタスキは3Dキャラクターが部屋を案内する機能を開発した。オンラインで部屋の内覧ができ、画面内に配置したキャラクターがキッチンなどの設備を説明する音声が流れる。新型コロナウイルスの感染拡大で不動産の販売がオンラインに移行しており、各社が内覧機能などの対応を急ぐ。タスキはキャラクターの採用で差別化する狙いだ。

サービス名は「TASUKI GOING(タスキ・ゴーイング)」。仮想現実...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り290文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン