/

この記事は会員限定です

日産など11の官民 福島県「浜通り」で移動実験

オンデマンドシャトルなどで復興後押し

[有料会員限定]

日産自動車は2日、福島県沿岸部の「浜通り地域」の3自治体、イオン東北など7社と連携し、移動サービスの実証実験を始めると発表した。電気自動車(EV)を活用し、スマートフォンで予約可能な「オンデマンド交通」などを展開する計画。2011年の東日本大震災から復興が進む同地域で、環境負荷の少ない次世代の移動サービスの構築を目指す。

実験に向けて連携協定を結んだのは、日産などに加え、日本郵便の東北支社やゼンリンなど計8社と、浪江町...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り503文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン