/

クラウドセキュリティー企業の資金調達、コロナで活発

CBINSIGHTS
クラウドサービスに特化したセキュリティーを手掛ける企業の資金調達が活発になっている。新型コロナウイルスの感染拡大で普及したテレワークはクラウドサービスが支えてきたが、悪意あるハッカーから守るためには専門のセキュリティーサービスが必要になる。2021年には、そうしたサービスを手掛ける企業の資金調達がさらに広がる可能性がある。CBインサイツがクラウドセキュリティーについてまとめた。

クラウド向けセキュリティーサービスを提供する米レースワーク(Lacework)は1月7日、シリーズD の資金調達ラウンドで5億2500万ドルを調達した。企業価値は10億ドルに達し、サイバーセキュリティー分野で2021年に誕生した初のユニコーン(企業価値が10億ドルを超える未上場企業)になった。

サイバーセキュリティー企業の調達額、メガラウンド続出で過去最高に 16~20年の「メガラウンド(1回で1億ドル以上の資金調達)」の件数とエクイティファイナンスによる調達額(100万ドル、公表ベース)

レースワークのメガラウンドはサイバーセキュリティーへの関心の高まりを示している。20年のサイバーセキュリティー企業への投資額は18年比で50%近く増えており、過去最高の114億ドル近くに達した。

日本経済新聞社は、スタートアップ企業やそれに投資するベンチャーキャピタルなどの動向を調査・分析する米CBインサイツ(ニューヨーク)と業務提携しています。同社の発行するスタートアップ企業やテクノロジーに関するリポートを日本語に翻訳し、日経電子版に週2回掲載しています。

20年に投資額が過去最高に達した理由は人員拡大からサイバー攻撃の増加に至るまで数多くあるが、クラウドコンピューティングの導入が加速したことでレースワークなどクラウド向けセキュリティー企業がさらに勢いづいた格好だ。

企業は在宅勤務を広げて業務の柔軟性を高め、新しいテクノロジーにアクセスするためにクラウドコンピューティングを活用している。このためにはデータへのアクセスを管理し、作業量を確保するためにクラウドを守らなくてはならない。

クラウドは企業のIT(情報技術)戦略でますます目立つ役割を果たすようになっており、クラウド環境を確保するサイバーセキュリティー各社は関連リスクを減らす重責を負う。

知っておくべきこと

・21年にはクラウドの導入が加速する : 企業のIT担当役員を対象にした調査では、21年にクラウドのサービスや解決策への支出を増やすとの回答は半数以上(53%)を占めた。

・クラウドのセキュリティーへの懸念は根強い : クラウドインフラの誤設定(不適切な設定)からコンテナやコードの欠陥、過剰なアクセス権の付与に至るまで、クラウドを悪意あるハッカーらから守るには専用の対策が必要だ。18~20年のクラウドの誤設定とそれに伴うデータ漏洩による企業の被害額は推定で5兆ドルに上った。

・新しいタイプのセキュリティープロバイダーが台頭 : エルメティック(Ermetic、イスラエル)によるクラウドのアクセス管理、英スニーク(Snyk)が手掛けるコードのセキュリティーチェック、オルカ・セキュリティー(Orca Security、イスラエル)が提供するクラウドインフラのモニタリングなど、クラウドの脅威の高まりに対処する重要分野のサイバーセキュリティー企業がここ数年で台頭している。

・クラウド向けセキュリティープロバイダーの活動が活発化 : 20年のサイバーセキュリティー企業のメガラウンドのうち、クラウド向け企業によるメガラウンドは半数以上を占めた。21年にはクラウド向けセキュリティープロバイダーは堅調なスタートを切り、年明けからレースワークがメガラウンドを果たしたほか、米スタックロックス(StackRox)や米ボルテラ(Volterra)が買収された。

次の展開は

・21年にはサイバーセキュリティー企業の新規株式公開(IPO)が相次ぐ : IPO相場が堅調で、サイバーセキュリティーサービスへの需要も高いため、企業価値の高い後期段階のスタートアップが相次いで上場を選択する可能性がある。20年のシリーズD以降の資金調達ラウンドの件数は40件を超えた。

・法人向けソフトウエア企業による買収 : 米マイクロソフト、米仮想化ソフト大手ヴイエムウェア、米IBM、米ヒューレット・パッカード・エンタープライズ(HPE)など法人向けソフトウエア企業はクラウドを好機ととらえ、コンピューティング分野でのサイバーセキュリティーの重要性を認識している。ヴイエムウェアは19年以降、サイバーセキュリティー企業9社を取得している。IBMは21年早々に、傘下のクラウド向けソフトウエア大手の米レッドハットを通じてスタックロックスを買収した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン